好きだってことを忘れるくらい

輝く星たちがわたしを迎えにやってきました。改めまして東京B少年担です。

亡霊を成仏させるための記事

小学生の頃、同級生によって関ジャニ∞沼に片足突っ込んでから今日までジャニヲタをしてきたわけだけど、その月日の中でも担当とする人はそんなに変わることはなく。簡単に順序を示すとこんな感じ。

 

エイト(安田章大)→関西ジャニーズJr.(伊藤くん)Hey! Say! JUMP(有岡大貴)

 

2011年に幼馴染の付き添いで入った勇気コンきっかけで衝動的に射抜かれてから有岡くん担当を名乗り続けてきた。まあその間にクソDDを発揮したりしてはいるので、主にセクバのくくりだった関東ジュニアなんかもかじったりはした。

 

 

今回テーマにしたいのは、太字で強調した関西ジャニーズJr.。私にとって結構青春だった。

きっかけはもちろんエイト。某掲示板に立っていた「マーシー天然エピ」(たしかそんなスレタイだった)というスレを読んでからその存在が気になってお顔を調べたらめちゃくちゃかっこよくて、知れば知るほど興味がわいて、なのに知り得られる情報が少なすぎて。今よりSNSも発達してないし、知れることなんてそのスレの天然エピソードと身長体重出身地星座血液型くらい。(いや当時の私に検索能力がなさすぎだったのもあるけど。)

 

確かあのころは、横山君がソロコンをやっていて彼はそのバックについていた。北海道にも来るはずだけど、それを知ったのは申し込みも終わっててなんならツアー自体がもうスタートしてた時。今の私ならどうにかして入場キメてただろうけど、そんな方法しらなかった。茶の間の貧乏学生だった。

 

とにかくそんな少ない情報しかないのになぜかすごく夢中になって動画サイトで見つけられた動画は全部見た。

 

テレビの大画面で初めて見れたのはたしかin大阪2010。それこそゲストで出てきた横山君のソロ曲cHocoレートのバックで踊ってて、振りがかわいくて中学生のわたしはさらに夢中になってった。

彼個人だけでなく、Veteranというグループも好きになって、お兄ちゃん組はまるっとかっこよくて強くて面白くって大好きになってた。in大阪2010はダビングを頼んで暇さえあればDVD流して生きてた。

 

 

 

と、まぁここまでいろいろ書いたけど、総じて言いたいのは関西ジャニーズJr.のギラッギラで強くてかっこよくて全てにおいて堂々とした姿勢も何もかも熱くて大好きだった。(たぶん盲目フィルターはかかってる)

 

 

次の年のin大阪からは私の好きだった彼はいなかった。2011年の6月で退所したから。ジャニヲタ歴も浅くって、ましてジャニーズジュニアを好きになったのも初めてだったので、「タレントが退所することがある」というのを初めて知った。いや正確には彼が辞める前に濵ちゃんの相方がいろいろあって退所したので、退所という存在はそこで知ってはいたけど、人生の選択として退所する可能性があることは彼が初めて教えてくれた。

もぎたて関ジュースの当番がVeteranで、最終週の始まりにお別れの言葉を発して去ってった。

 

茶の間だったからか、応援しはじめてから日が浅いからか、もちろん悲しかったけど、そんなに何も感じることはなくて。関西ジャニーズJr.という存在がまるっと私の人生を豊かにしてくれていたのは事実だったので、それから有岡大貴と出会って以降、一度だけ松竹座にも足を運んだし、人数が減ったり新しい子が加わったり、歌う曲の雰囲気が、少しずづ少しずつ、変わっていく関ジュを陰ながら応援してた。

 

 

変わっていくことは決して悪いことではないはずなのに、好きだったものがそこにはもうなくなってしまった気がしてた。けど関東でのお仕事ももらえたり、カウントダウンに呼ばれたりして、嬉しいと素直に思ったりした。

デビューが決まったときは正直なぜ4人グループ????が先行しててあんまり記憶にない。

 

B.A.D.が関ジュからいなくなってしまったら完全に私の好きだった関西はなくなるんだと思ったら悲しくて、ジャニーズWESTのデビューと共に関西ジュニアへの興味も薄れてたし、一番大好きだったVeteranの二人の立ち位置がフワフワしすぎてて見てるのも耐えられないし、新世代の子たちに興味を持てなかった(今思えば興味を持とうともしてなかった)のでそこからは完全に関西ジュニアから足洗って、おとなしくHey!Say!JUMP担したり受験生をしたりしてた。

 

 

 

 

 

 

……

 

そこから4年????いま???

わたし?????

好きなタレント「小島健」で情報局入会しました????

 

 

 

時代は巡る。

 

 

 

彼の魅力はまた新たに語るとして、新時代の関西ジャニーズJr.知れば知るほどみんなを好きになっている。また一からいろんなことを知っていく楽しさを味わっていてわたしいまとても私生活は死んでるんですが、ヲタクとしては超イキイキしています

 

 

 

 

 

有岡くんのことについて一切触れていないけど、彼のことを嫌いだと思うことは一生ないです。 一生一番好きなタレントです。今も大好き。心のオアシス。だけどヲタクとして有岡くんのことを追っていける気力がなくなっているのも事実。私が必死に出演番組をみなくても視聴率とれるだろうし、誰かが番組に感想を送るし、ラジオには誰かがメールしてるし。なんて思った時点で「ヲタク」ではないんだなと最近気づいてしまって。

 

何かに熱く生きたいので、有岡くんをヲタクとして追いかけるのはやめてこれからはファンの一人としてコンサートに行こうかと思います。(行くんだ)

 

 

もう一人気になる存在はいるのだけれど、関西ジャニーズJr.みんなの未来を見たいと思ったのでしばらくみんなのケツを追いかけようかと思っています。ドドドドドドドドドド新規ですがどうかお手柔らかにお願い致します。